FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ①

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 073


2013年3月4日 栃木県小山市・高岳製作所にて行われた、シキ801 B2→B1への梁載せ換え作業リポート。

撮影から2,3日以内には更新するつもりが、どういうわけだか1週間も経ってしまった。
今回写真がめちゃんこ多いので何回かに分けた記事にする。


梁載せ換えの関連記事はこちら。

 2013.02.13 シキ801B2 小山-高岳製作所 ①
 2013.02.13 シキ801B2 小山-高岳製作所 ②

 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ①
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ②
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ③
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ④

 2013.03.05 シキ801B1 高岳製作所-小山 ①
 2013.03.05 シキ801B1 高岳製作所-小山 ②



シキ800形801は雌ヒンジのB1梁、雄ヒンジのB2梁と2種類の梁を持っている。
正確には梁ではく積付用具になるが、シキ800形800号のC梁と同寸の分割落とし込み形中間梁、B1梁と組み合わせる継ぎ手2種もある。

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 072
上がB2梁、下がB1梁。
少し形が違うでしょ。
真っ黒だと判りづらいな。

枕枠以下の下回りは共用。

2月6日-7日に末広町-群馬藤岡を輸送された東芝製の変圧器は、雌ヒンジアダプタを装架して出荷された。
ということは、大物車側は逆に雄ヒンジ、つまりこのとき装備していたのはB2梁ということ。
次の運用はB1梁らしく、そうなると当然梁を変えなければならない。
そこで今回、外されているB1梁が置いてある高岳製作所敷地内にて梁の交換作業が実施されたのだった。



05:13 八王子でシキ1000の発車を撮り終え、そのまま次の上り列車へ。
各駅停車東京ゆきだ。
中央線各駅停車なんて乗るのどれくらいぶりだろう。

乗り換え案内だと、西国分寺-(南武線)-武蔵浦和-(埼京線)-大宮-(宇都宮線)-小山 と行ったほうが早いのだそうだが、おれは神田-上野経由で行くことに。
重い自転車かついでそんなめんどくさそうな乗換えしたくないし、途中駅からだとグリーン車に自転車持ち込めなくなる可能性がある。

自転車を持ってグリーン車に乗るときは、1編成に4箇所ある1階建て部分の最後列にしか座れない。
背もたれの後ろにちょうど自転車がねじ込めるからで、ここに先客がいるともうアウト。
この席、途中駅ではかなりの確率で埋まっていて、それを避けるためには始発駅から乗るしかないのだ。

というこれ自体なんだかめんどくさい理由で上野駅へ。
06:49発・快速ラビット宇都宮ゆきに乗車。
前日朝から寝ていないせいで猛烈に眠いんだが、乗り物に乗っているのでまったく眠れない。小学生かよ(にかいめ)。
それでも30分くらいは気絶していた気がする。
いまいち定かでなくて、気づいたら5,6駅くらい過ぎてたってだけなんだけど。


07:51 小山到着。東口で自転車を組んで、高岳製作所へ。

しかし天気がよろしくない。
予報じゃ1日晴れになってるんだが。

08:20 高岳製作所前到着。
留置中のシキ801を見ると、梁はB2のまま。
よかった。全然裏とってないから本当にこの日作業する確証がなかったんだよね。


08:52 車庫開け、エンジン始動。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 001
ほぼそのまま機関車が出庫、シキ801に連結。

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 002

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 003
転線のために県道へでるところをかぶりつきで。

09:07 中線へ転線。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 004

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 005
機関車は切り離して作業開始。

梁の上にポールを立てる。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 006
これは命綱をかけるロープを渡すためのもの。



このころ、鉄道ではないが同じような趣味をもつおっさんがきて話してたんだけど。



13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 008


気づいたらピン抜きと梁前後分離が終わってた。

かなり重要なシーンなのに…。



13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 009
抜かれたピン。

13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 010
外されたメガネ(梁連結金具)。

10:00 分離した梁の間の地面に鉄板を敷き詰めていく。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 011

10:10 鉄板を敷き終えるとラフタークレーンが登場。KATO(加藤製作所)製SL-650R。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 012

これから載せられるB1梁・梁同士の連結面。
13.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 007
すでにこちらにもポールが立てられている。


1回目はここまで。


Jatkuu! つづく!



 2013.02.13 シキ801B2 小山-高岳製作所 ①
 2013.02.13 シキ801B2 小山-高岳製作所 ②

 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ①
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ②
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ③
 2013.03.04 シキ801B2→B1 高岳製作所 ④

 2013.03.05 シキ801B1 高岳製作所-小山 ①
 2013.03.05 シキ801B1 高岳製作所-小山 ②


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒロウミ

Author:ヒロウミ
モヒカンが歌いながら自転車で疾走しながら写真を撮りながら絵を描きながら模型を作るとこ。

連絡は hiroumimask@gmail.com へ。

ついった
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。